動き出した象を追いかけて

めぐりめぐって医学生

学生時代の時間の使い方

他の医学生のブログやSNSの投稿を目にすると「部活は悪しき風習でもっと他にやることがある」「部活動で得ることは高校までに得ているから無意味」「勉強ばかりはもったいない」といったようなことを書いている人が案外多い。

面白い論点だと思うので、これについて書いてみたい。

 

感じた違和感

前の大学時代に学外での活動に勤しんでいた身からすると分かるような気もする反面で、少し違和感を感じた。

上記の論者は大抵部活ではなく、外の活動に勤しんでいる方が多い。確かに視野は広がるし、社会の課題などに目を向けて課外活動に打ち込んでいるのは素晴らしいことだと思う。

だけど、ただのポジショントーク&自己の正当化なような気もするし、「部活なんて時代遅れなことやってるよ」みたいに見下している印象も覚えた。

 

自分は部活も課外活動も行なっているけれど、それぞれ学ぶことはある。部活ならただボール蹴ってるだけでなくて、自分の課題設定&解決、生身のコミュニケーション&マネジメントを学んでいるし、課外活動では大学では学ぶことのない医師の置かれた医療を俯瞰的&構造的に捉えることで、将来の指針を考える一助になっている。

 

だから、勉強に打ち込むもよし、部活に打ち込むもよし、課外活動に打ち込むもよしで、大切なのは本人がいかに頑張って、経験を咀嚼して、これからに繋げられるかってことのように思える。中途半端や怠惰を否定するのはまだわかるけど、「これはダメ」「他のみんなもキャリアはこうすべき」というのは論点を誤っているように思えるし、ちょっと残念に感じる。

 

課外活動に打ち込んで陥った過ち

自分も前の大学では課外活動に情熱を注いだ。社会や世界との繋がりも持てたし、視野も広がったし、なかなか会えないような方々ともご一緒したりと実によい経験だった。

その反面で、不要なプライドを持ったまま社会に突入したのは大きな過ちだった。

 

学生時代はなかなか大きな学生組織に所属し、活動に勤しんでいた自分は、卒業の頃には組織でも上のほうのポジションにいた。後輩たちからは一目置かれたりして有頂天な部分もあったのだけど、なにも実力ではなくて、「時間をより割いた」から就けたポジションで、そもそも「井の中の蛙」状態。

社会に出たらいくらでも優秀な人はいるし、学生時代とは違って同期もみんな仕事に情熱を注ぐ。学生時代に身につけたスキルなんて、せいぜい数ヶ月で補えてしまって、本当に実力勝負だったし、全然できないことだらけだった。

もう一度はじめから働けたら、不要なプライドは捨てて、「出来ません!頑張るので教えてください!」のスタンスで働いた。

きっと医学生のなかで少し抜きん出てても、医師の世界ではひよっこ。遊んでた学生も働き始めたら、一気に伸びて、少しの差はすぐ埋まるのだと思うし、むしろプライドがないからなんでも聞けて、すぐに成長する気さえする。

 

最近思うこと

なんというか競争することに疲れてきた。

周りから名声を集めたり、ブランド病院に行って箔がついたり、全然悪いことじゃないと思う。少し前までの自分はそうで、他人から評価されたり、認められたり、求められるのがすごくモチベーションになってた。

なんだけど、それが自分を磨耗させてる原因なんじゃないかと思ったし、そんな生き方をしている自分は果たして自分なのか、疑問を覚えた。

幸せの指標が他者が与えるもので、頑張って、頑張って、例えば有名になれたとしても、有名になっている自分に喜びを感じて、それってちょっと寂しいんじゃないかって気もしなくもない。

自分は何のために生きてるのか、何が幸せなのか、背伸びなんかしないで、力を抜いて考えてみたときに見えた道を、気楽に、人間らしく、じっくり噛み締めて進んでいきたいと思う。