動き出した象を追いかけて

SFCで学び、DeNAで働き、医学生。

本質的な価値を生み出してる人々へのリスペクト

街中を歩いてると、営業マンらしき人がなんて多いのかと思わされます。特に夏なんかは皆さんスーツで大変そうだなとしみじみ。

完全に私見であることを冒頭に断りつつ、営業・広報のように物事を広める人、経理・総務のようなバックオフィスが日本には多すぎるんじゃないの?、やたらと権力ありすぎるんじゃないの?と個人的に思うので、その話を。

 

「作る」以外はコスト

「物事を作る」「広げて、お金を得る」「そのために効率的かつ効果的に組織を動かす」「その過程で生まれる作業を効率的に処理する」どれも必要なのだと思うのですが、本質的な価値を生み出すのは「物事を作る」だけなんじゃないかって思います。

見方を変えれば「物事を作る」以外はコストであって、それ以外が重くなればなるほど、次の「物事を作る」ことへの投資が少なくなったり、ユーザーが価値を手に入れるに多くのお金がかかってしまうわけです。(といいつつ、オペレーション業務を責任感を持って厭わず、アイデア豊かに行う人は本当に尊敬します)

 

例えば、組織の中で営業マンは物を売るのが役割です。お金を引っ張ってくる役割で、組織の稼ぎ頭的な認識をされたり、偉そうな顔をしている方も多い印象ですが、営業マンの存在は価値あるものを販売するためのコストって見方ももっとしたほうがいいんじゃないかと思うわけです。

 

本質以外が大事ってすごい非合理

たった2年ですが会社で働いていた経験からすると、話を盛り上げられたり、飲みの付き合いがよい人間は重宝されますし、仕事上のコミュニケーションも上手く回るんだなって思うことがよくありました。

ロジカルを売りにしている前職でさえもそうなのだから、もっとそれが大事になってくる組織は想像を絶するほどあるのだと思います。もちろんコミュニケーション能力はもちろん大事なスキルのはずです。

 

確かに人間は論理だけで動くものでないですし、感情に左右される面もあるとは思うのです。

それでも、内部調整や付き合いが良いだけでより大きな仕事を任せられたり、本質的な価値を持たない営業や広報が過度に評価されるのはやはりおかしいように思います。内部評価が妥当でない組織が正しい方向で成長しないように思えますし、コストを評価する組織が成長するとは思えないからです。

 

国の青写真を描く上で

日本は人口動態も大きく変わり、広大な土地もなければ、豊富な資源があるわけではありません。新興国が勃興する世界の中で、客観的に日本がどうゆう立ち位置にいるのか判断しかねる部分もあります。

しかし、日本が今のところ優位なのは技術であることは間違いないと思います。(ホスピタリティもそうなのかもしれません。でも国家の青写真を述べる上で国を支える経済力にならないものを出すのは違和感です。)

 

売る人でも、広げる人でもなく、青写真を描く上での国の強みになっていくのは技術であり、新たな技術が生み出されるところを社会的にも経済的にも尊重し、妥当な評価を与えていくのが大切なのだと思います。

今の日本は本質的な価値を生み出さない人が、権力にぶら下がって、権力を保持/誇示するための非本質に奔走しているように思えてしまいます。政治家も何かを作るわけじゃない、投資家も何かを生み出すわけじゃない、価値を作る人をもっと認めていくべきでしょう。

 

自分が組織を回していく立場になることがあれば、本質的な価値を生み出す人たちを大切にして、本質的な価値を生み出す評価/取り組み/その支援を行うというのがひとつの軸にしていきたいなと思うのでした。