動き出した象を追いかけて

SFCで学び、DeNAで働き、医学生。

どこもかしこも人手不足

テストも終わり、しばらくの春休みになりました。

WELQ問題が起きてから、量産型のキュレーションメディアでない医療メディア(日○メディカルとか)が「我々は彼らとは違う」風の発言をしています。確かに悪質性は「低い」と思いますが、書いてることが間違ってるだろうと思うこともあります。

今回の件は悪質性に加え、正確性の低さも問題となったわけで、悪質性が低かろうと正確でないのであれば問題であると認識すべきだと思っています。

 

前置きは置いといて、自分はよく外食をするほうなのですが、最近感じるのは「人手不足」です。飲食店は全てとは言いませんが人手が足りてないところが実に多いように感じます。

最近不満を覚えることが多いので、1人の客の感想として(、不満のぶつけどころとして)、言いたいことと具体的な経験をお店の名前付きで述べたいです。

 

この記事で言いたいこと

1. やっぱり不況なのでは

数年前と比較して、飲食店の人手不足は明らかに進んでいる気がします。人を減らすという手段が容易なコストカットですが、火の車な状況が浮かび上がってきます。

 

2. 明らかに人手不足を感じる店はリピーターしたくない

特にウエイターさんがいるお店で人手不足だと、こちらも落ち着かないですし、イライラが募ります。食にストレスを覚えるのは嫌なので、その店への足は遠のきます。コストを減らしたいが故の人手不足のケースは、リターンも減らしているように思います。

 

3. 近くの系列店に人出の多さで勝てるのではないか

隣駅の系列店が人手不足でサービスが悪いなら、その隣駅の系列店が人手を確保していて、サービスがいいならそっちに行きます。

 

4. スキルの大切さ

鬼のように働いている飲食店の方々を傍らに、バイト募集の広告を目にします。高いとは言えない時給で、専門的なスキルを持って、稼げることはとても大切な事だと感じました。

 

自分が経験した具体例

いきなりステーキ

休日の昼時でお店はほぼ満員なのに、フロア担当のウエイターさんは2名のみ。1人はレジに張り付きのため、なかなかオーダーに来ないし、忙しすぎてオーダーミスも多い。

「いい肉を安く提供する」という趣旨の店なので多少ラフなサービスは許容しているものの、さすがに目に余るものがありました。

中でも酷いなと感じたのが、焼いた肉が放置されていたことで、運ばれてきた際には指定した焼き加減ではありませんでした。そもそも「レア」をお勧めしているのは、焼き時間が少ない(&運ぶまでに時間が経って大丈夫)というビジネス上な理由に思えます。

 

デニー

平日の21時ごろ。そんなに客はいないだろうとの見込みで調理場とフロント合わせて2人シフトだったようですが、思った以上に客がいたのかてんやわんやでした。しかも1名は研修中であたふたでした。

呼んでもなかなか来ない、オーダーしたものもなかなか出てこなかったりと食事を始めるまでの道のりは長く、気が気でなかったので、余程のことがない限り行くのを避けようと思います。

最近はお客さんが減ってきていたように思えるので、コストのためとはいえ、コストを減らしたら、それによって質が下がり、リターンも減る悪循環に陥っているように思えます。

 

ガスト

都内でのライブ前に行った満席のガスト。フロアの店員は3名だったのですが、2名のやる気は明らかに低く、1名が孤軍奮闘といった状況でした。

単なる人手不足ではないのですがら人頭は揃っているのに、マネージャーがダメなのか、採用がダメなのか、教育がダメなのかわかりませんが、サービスの質がどうこうよりも、1人に任せてかまけているバイトが目につく状況は到底気持ちのよい状況ではありません。

 

ここに挙げたのは兎にも角にも一例ですが、食べるというのは1日の中でも結構な楽しみです。飲食店のコストカットによる(単に人が集まらない所もあると思いますが)低質なサービスのせいで食事がつまらなくなるのは、お金を払って受けるサービスとは思えませんし、数多くの選択肢がある中でリピートしようとは到底思えないですがら。

コストカット→サービスの質低下→リターンの低下が起こっているならば、安直にギリギリ以下の人頭でサービスを運営するビジネスはどうなのかなと思いますし、全体がそうなったときこそ、人がいて、サービスがしっかりしているところに惹かれる消費者が多くなるようにも思います。