読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

動き出した象を追いかけて

SFCで学び、DeNAで働き、医学生。

生死を分けるのは案外運かもしれない

医療 日本
生理学、感染症学の重めのテストが終わり、ひとときの休息です。とはいえ神経診断学や病理学の症例発表もあり、若干の稼働は必要ですが、少しずつ基礎医学から臨床医学にシフトしていくのを実感する日々です。
f:id:Ryo_India:20160606181114j:image
さて、今日は急病で倒れたときの予後の良し悪しは運が占める割合が大きいのではないかという話をしたいと思います。

急病で倒れたら

脳梗塞心筋梗塞などの急病で倒れたとき、その場で救命措置をとり、救急車で搬送され、病院で治療を受けるという流れが一般的なものだと思います。

こうした疾患はいかに迅速に処置できたかで予後が大きく変わるものであって、極端な話をすると病院の横で倒れた場合と山奥で倒れた場合で、予後は大きく変わってきます。

予後を変化させる要素を列挙してみると、
  • どこで倒れたのか(病院まで近いのか、遠いのか)
  • 倒れた近くに人、救命措置のできる人はいたのか
  • 救急車、救急隊の到着時間(すぐ来たのか、時間を要したのか)
  • 近くにあった病院の医療レベルはどうだったのか
  • 緊急手術をした先生のレベルはどうだったのか
といったものが考えられます。

どこにいたのかという地理的要因はある程度コントロール出来ますが、周りに救命措置ができる人がいたのか、飛び込んだ病院の医療レベルや担当の先生の腕がどうだったのかというのは運に委ねざるを得ないように思えます。

なるべく予後を良くするためには

高齢者も増え、急性疾患が増えていくことが予想されるなかで、死にたくない人は行動範囲を病院の近くにしておきましょうというのはまあ無理だと思います。

とはいえ予後が良くないのは、患者当人にとっても、家族にとっても、医療経済にとっても幸せなことではありませんし、予後がなるべく良いものになるように個人レベルでも、社会全体としても出来ることはたくさんあると思います。

個人レベルでは、
  • 家族が救命措置をトレーニングする(BLSのトレーニングはあちこちで開かれています)
  • リスクの高い疾患の初期症状を本人や家族が把握しておく
  • 救急に秀でた病院の比較的近くに住む
また、社会全体としても、
  • 救命措置が行える人・AEDを使える人を増やす(アメリカのシアトルではかなり普及していて、心筋梗塞の患者が救命措置を受けた状態で病院に運ばれる確率が高いそうです)
  • 住民の医療リテラシーを高める(とは言え具体的なアイデアは思いつかない)
といったようなことです。

長々と書いておいて、これを言ってしまうかという話ですが、厚労省調べだと心疾患と脳血管疾患で亡くなる日本人は26.5%(がんで亡くなる人は30.1%)でとても多いとは言えませんし、どんなにリスクをなくそうとしても、リスクはありますし、運次第の部分もあると思います。
しかしながら、リスクが高い人がリスクを抑える方法は薬剤の投与、食生活や運動習慣の改善以外にもたくさんあるのだと思います。