動き出した象を追いかけて

SFCで学び、DeNAで働き、医学生。

ちょっと新鮮な感情

ブログはですます調で書くのか、語り口調で書くのかいまいちパッとしません。
今日は2度目の学生生活が始まるにあたっての新鮮な感情について、備忘録的な感じで書き留めます。

1度目の学生生活は朝早いと授業に行かなかったり、暇な時はだらしなく過ごしていたりという感じでした。
今になって振り返ると甘いと思うし、勿体無かったなと思いますが、人との待ち合わせとか遅刻すると単位を落とすみたいな外圧がないとなかなか自分を律するのが難しいです。

これから2度目の学生生活がはじまりますが、ここの部分がちょっと違います。
ふらふらーっと非生産的な時間を過ごしていると、どこからともなく周りの友人たちは働いて稼いでるんだという感覚がやってきて、背筋を正してくれます。
自分の中に芽生えた感情が自分を律してくれるのはなかなか新鮮です。

この感情は慣れによって弱くなってしまいそうだけど、結構ポジティブなものなのでしばらくは忘れないようにしたいです。