読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

動き出した象を追いかけて

SFCで学び、DeNAで働き、医学生。

今の野党・メディアは国賊かもしれない

新学期が始まりました。朝から晩まで臨床科目の座学ですが、症例検討や実習に向けて力を蓄えるべくぼちぼち頑張ります。 100兆円よりも8億円 最近はテレビをつけると森友学園の問題だらけ。もはや出口が見えない問題で、メディアが自分たちが発掘したくだら…

どこもかしこも人手不足

テストも終わり、しばらくの春休みになりました。 WELQ問題が起きてから、量産型のキュレーションメディアでない医療メディア(日○メディカルとか)が「我々は彼らとは違う」風の発言をしています。確かに悪質性は「低い」と思いますが、書いてることが間違っ…

医療キュレーションメディアについて

ここ数日、DeNAの医療キュレーションメディアが大きな批判を浴びています。DeNAを卒業して、医学の道を進んでいる身としては複雑な心情です。 https://twitter.com/welq_pr/status/802082119552004096 身内も多いだけに意見を述べるのは憚られますが、急増し…

世襲がダメなんてナンセンスすぎる

夏休みでなまった頭をリハビリ中ですがなかなか戻りません。とは言え、追い込める頭になってもなかなかしんどいものです。 今日は世襲について考えたいと思います。 巷では政治家をはじめとして世襲はダメだと揶揄されますし、その風潮が高まっているように…

労働生産性の低さについて思うこと

先日、厚生労働大臣である塩崎さんの講演を聞いてきました。とにかく理路整然としていて、力強いお話でした。内閣改造後もポスト留任であってほしいところです。 割とクローズドな会ということもあり、日本の保健・医療・福祉について大臣からどんな言葉が語…

生死を分けるのは案外運かもしれない

生理学、感染症学の重めのテストが終わり、ひとときの休息です。とはいえ神経診断学や病理学の症例発表もあり、若干の稼働は必要ですが、少しずつ基礎医学から臨床医学にシフトしていくのを実感する日々です。さて、今日は急病で倒れたときの予後の良し悪し…

あしなが育英会の募金に申し訳なさを覚えた

テストも山場を迎え、部活と勉強の日々になってきました。少し反発があるかもしれませんが、今日はあしなが育英会の募金について書きます。先日、駅前のカフェに行こうとしたら、改札前をはじめとして駅周辺で高校生があしなが育英会の募金をしていました。…

「上手い見せ方」と「詐称」の境界

ついに花粉症になりました。この微妙に痒くてムズムズする感じが嫌です。ショーンKの経歴詐称が発覚してから数日経ちましたが、どうも頭から離れません。せっかくなので、今日はショーンK問題から思ったことを書いていきたいと思います。「上手い見せ方」と…

杉村太蔵というサムライ

尊敬する人は誰か?と聞かれると 「杉村太蔵さん」 と答える。冗談だと思われることがほとんどだけど、本当だったりする。 直近の総選挙にて自民党からおバカ議員が当選し「杉村太蔵の再来だ!」といったコメントをSNSでよく目にしたが、尊敬する人物が何も…